さくらこどもリハビリクリニック セラピスト・臨床心理士がいます!

早いもので開院して1ヶ月が経過しました。

そして、前回のお知らせでもお伝えしましたが、今月より当クリニックには

新たに言語聴覚療法士も入社しました。

これで当クリニックにはPT・OT・STのセラピストが揃いました。

臨床心理士も在籍しております。

色々なリハビリが1ケ所で行えるようになったので、ご希望ありましたらクリニックへご連絡ください。

~セラピスト紹介~

『お医者さんが苦手~』というお子様にも上手く対応できるかも(^o^)
3名の女性セラピストが対応しています☆

小椋 暦美:理学療法士(PT)
「理学療法」は、障害や後遺症のある「部位」に注目し、運動療法・物理療法・日常生活活動(ADL)といった手法を使用し、
「基本的動作能力の回復」を行います。

高橋 美奈子:作業療法士(OT)
作業療法士(OT)が行うリハビリの目的は、「身体障害者と精神障碍者の応用動作能力と社会的適応能力を回復させること」です。

毛利 紘子:言語聴覚療法士(ST)
言語や聴覚、音声、認知、発達、摂食・嚥下に関わる障害に対して、その発現メカニズムを明らかにし、検査と評価を実施し、必要に応じて
訓練や指導、支援などを行う専門職です。

~臨床心理士紹介~

渡邉 真奈:臨床心理士
福祉分野においては、心理判定員、児童心理司などとして任用され、利用者及びその家族などへの、臨床心理査定に基づく心理判定、
心理カウンセリング、心理教育、心理コンサルテーションなどを主に担当しています。

《臨床心理士による判定について》
当クリニックには臨床心理士が在籍しておりますのでWISCでの検査が可能です。
療育手帳更新の際に判定を行うことが多いと思いますが、気になることがございましたらいつでもお問い合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA